マニュアル

■aNdClip 機能説明書

■全体機能
・操作はリストのクリックと長押しで行います。複雑な操作は必要ありません。
・クリップボードの変更チェックを行い内容の履歴を残します。
・クリップボードの履歴は重複登録しないようになっています。
・リストのデータを選択した場合は、選択した値がクリップボードにコピーされます。
・戻るボタンを長押しすると、現在のクリップボードの中身を消去します(OS2.0以上)

■メニュー
○設定
  各種設定を行います。

○常駐終了
  サービスも含めてアプリケーションを完全に終了させます。

○履歴クリア(クリップボード履歴タブ)
  クリップボードの履歴を全消去します。

○新規フォルダ作成(定型文タブ)
  フォルダを作成します。
  パスワードを付けると、中身を見る際にログインが必要になり、更にデータが暗号化(AES)されます。

○新規アイテム作成(定型文タブ)
  定型文データを作成します。
  定型文データにはタグを付けることが出来ます。リスト表示の際に、下部に表示されます。

○インポート/エクスポート(定型文タブ)
  定型文データをインポート・エクスポートします。 「/sdcard/aNdClip/aNdClip.bin」
  独自バイナリ形式のみのサポートになります。

○メールアドレス 電話番号(アドレス帳タブ)
  リスト表示の内容を「メールアドレス電話番号」でトグル切り替えします。

○検索
  検索ボタンの付いていない機種用の検索ボタンです。
  全データの串刺し検索を行います。

■クリップボード履歴タブ

○一覧表示
  上から順にクリップボードの履歴になっています。
  1行で表示するので長いデータの確認は下記の閲覧機能を使用してください。

○リスト選択
  選択したデータをクリップボードにコピーします。

○リスト長押し
 ・コピー:履歴データをコピーします。
 ・閲覧:履歴データを閲覧します。
   データ内にメールアドレスやURLがある場合、自動的にリンクが貼られますので
   それぞれに対応したアプリケーションを起動する事が出来ます。

 ・編集:履歴データを編集します。
   変換ボタンを押下すると、大文字小文字の相互変換や全角半角の相互変換が可能です。
   ※全角半角変換機能は設定画面でONにしてください。
   リセットボタンは編集前の状態に戻します。
 ・削除:履歴データを削除します。
 ・定型文に登録:定型文データに登録します。
   定型文データは、データに対してメモが付けられます。
   登録したいフォルダを選択してください。
   暗号のかかっているフォルダに登録させる場合は認証が必要です。
   暗号フォルダ内に登録した場合は、自動的に暗号化されます。
 ・コピー予約:ステータスバー上から簡単に実行できる、コピーの予約をします。
 ・共有:他のアプリにデータを共有します

■定型文タブ

○一覧表示
  定型文データに登録されているフォルダとデータが表示されます。
  暗号のかかっているフォルダやデータは鍵のアイコンが付いて表示されます。
  フォルダ・ファイルの順で表示されますが、それぞれの表示順は下記の上へ移動(下へ移動)で変更可能です。

○リスト選択
  選択したデータをクリップボードにコピーします。

○リスト長押し
 ・コピー:履歴タブと同様
 ・メモをコピー:メモをコピーします
 ・閲覧:履歴タブと同様
 ・編集:履歴タブと同様
 ・削除:履歴タブと同様
 ・フォルダ移動:データを指定フォルダに移動させます。
  暗号のかかっているフォルダに移動させる場合は認証が必要です。
  暗号フォルダ内に移動した場合は、自動的に暗号化されます。
 ・表示順を上(下)に移動:リストの表示順を上下に移動させます。
 ※仕様としてフォルダ・ファイルの順番は入れ替える事が出来ません。
 ・コピー予約:履歴タブと同様
 ・共有:履歴タブと同様

■暗号フォルダについて
・暗号フォルダに含まれるデータについて暗号化されます。
・暗号フォルダに含まれるフォルダについてはそのフォルダの設定に依存します。
・暗号フォルダの中身を見るにはフォルダ毎にパスワード入力でのログインが必要です。
・一度ログインしたフォルダはアプリ終了時までパスワード入力無しでログイン出来ます。
・データについては通常フォルダ・暗号フォルダの移動が可能です。

■アドレス帳タブ

○一覧表示
  android標準の電話帳に登録されているメールアドレスor電話番号を表示します。
  1人に複数メールアドレスも対応しています。

○グループ選択
  Gmailのグループで絞り込み表示が行えます。

○リスト選択
  選択したデータのメールアドレス/電話番号をクリップボードにコピーします。

○リスト長押し
 ・コピー:履歴タブと同様
 ・名前をコピー:名前をコピーします
 ・コピー予約:履歴タブと同様
 ・共有:履歴タブと同様

■ブックマークタブ

○一覧表示
  android標準のブラウザに登録されているブックマークを全て表示します。

○リスト選択
  選択したデータのURLをクリップボードにコピーします。

○リスト長押し
 ・コピー:履歴タブと同様
 ・タイトルをコピー:タイトルをコピーします
 ・コピー予約:履歴タブと同様
 ・共有:履歴タブと同様

■検索機能
検索ボタンを押下する事で、全データの串刺し検索を行います。
制限事項として、暗号化されている定型文データは検索対象にはなりません。

■共有機能(受け側)
他のアプリから共有で起動された場合は、aNdClipの画面を立ち上げてクリップボード履歴への登録を行います。

■共有機能(送り側)
テキストデータを他のアプリへ共有します。 ※ACTION_SEND, text/plain

■simejiマッシュルーム機能について
日本語IMEのsimejiのマッシュルーム機能を使用しての入力に対応しています。