2010年


日本では2010年はAndroid元年と呼ばれているそうです。
私自身も1月にNexusOneを知り、2月に購入し、3月からアプリを作り始め、今年はAndroid漬けの一年になりました。

そして想像以上の沢山の方にアプリを使って頂けるようになりました。
個人でも、自由度の高いプラットフォームで簡単・安価に世界へアプリケーションを自由に発信していける環境を整えてくださったGoogle社と、沢山宣伝してくださったandroider.jpの中の方、アイコン作成を手伝ってくれた仲間に感謝いたします。

来年早々に、aNdClipはOS1.xでも連絡先グループ絞り込み機能が使えるようにしたver1.9.6をリリース予定です。

aNdClip ver1.9.5リリース


aNdClip, aNdClip Free の ver1.9.5 をリリースしました。

■更新内容
・OS2.3(Gingerbread)対応
・連絡先の表示グループ設定オプション追加
・通知バーのクリップボード内容を非表示にする設定オプション追加
・GoogleAnalytics廃止(Free版)
・スペルミス修正

一部の国産端末で、Googleアカウントではなく端末本体側に”連絡先データ”を登録している場合に、グループよる絞り込みで”連絡先データ”をうまく取得出来ない場合があるようです。

取得方法が分かれば対応いたします。
今の所、グループによる絞り込み機能を使いたい場合は、連絡先をGoogleアカウントと同期させて使ってください。

GDD2010JP その2

■14:00-14:45 マーケットライセンシングを使って Android アプリケーションを守るには

アプリやコンテンツの不正使用対策です。Googleが提供するLVLという仕組みは無料で使用可能になります。

○OS1.5以上で動作
○サンプルと同じコードは使うな
○コードの難読化ツール使え。ProGuardおすすめ
○ライセンスコードをそのまま比較しないで、ハッシュかけて比較しようぜ
○onCreateは難読化出来ないから、そこでチェックするなよ
○なにより試験が重要

■15:00-15:45 クールな Android アプリを作るには
○緩やかな繋がりを意識(Intent)
○uri/mime繋がりを使用
○他のアプリのContentProviderへの読み書き
○自アプリのContentProviderの実装
○configChangeを必ず書く(Keyboard関連/orientation)
○FAQページをWeb上に作りアプリからリンクさせよう

■16:00-16:45 Android でリアルタイムゲームを開発する方法: リベンジ
○Android Marketのカテゴリで一番ユーザが見ているのはゲーム
○デバイス間の差はもちろんあるが、実装でカバー出来る。実際出来てるし。
○30fps以下になったらゲームにならないから30fpsを意識しろ
○Javaだから簡単に出来る事も取り入れていくと良いよ

GDD2010JP その1


Google Developer Day 2010 Japan に行ってきました。
予想以上に人が多かったです。光ポータブルの電池が持つか心配でしたが、無線LANが配備されていたので助かりました。

ライトニングトーク後の交流会にも参加するつもりだったのですが、急遽予定が出来てしまいライトニングトークの前に撤収する事になってしまいました…。

続きを読む

DevQuiz通過

晴れてGDD2010JPに参加できるみたいです。

#gdd2010jpハッシュタグを見てる限りでは、パックマン未クリアでもSH枠で合格とかあったようなので、それほど難易度は高くなかったみたいですね。

9/28(火)が楽しみです。


追記 9/29(水) 画像を最終結果のものに差し替えました

アプリ公開まで

アプリの公開まで、色々やることが多くて大変です。
iPhoneだったらこれに加えAppStoreの審査が大変なんだろうなと思います。
まぁ今作ってるアプリ程度だと、AppStoreじゃくだらなすぎて審査は絶対に通らないんだろうなぁ。。

続きを読む

android始めました。

ここはアプリ公開用のホームページとなります。

といっても、野良アプリとして公開するのではなくandroid Marketへのリンクを用意し簡単な紹介文を載せるだけです。

実機での動作確認は主にNexusOneで行います。景気が良くなれば次々と用意したいです。Xperia,Notion Ink Adam etc…